WASEDA UNITED BLOG

今私が読んでいる本の一節を紹介します。

「ほめるのにはコツがあります。それは、子どもが「ここを認めてほしい」というところをほめること。 

それには、この章の冒頭で取り上げた「見て見て光線」をキャッチすることです(こちらを参照)。 

子どもはいつも「見て見て光線」を出しています。自分なりの工夫やがんばり、気に入ったところをママにも知ってほしいのですね。(『0歳から6歳までの 叱るより聞くでうまくいく 子どもの心のコーチング (中経出版)』(和久田 ミカ 著)より)

 
「ほめること」に躍起になるよりも、私がおすすめしているのが、お子さんの行動を「実況中継」することです。  ...

この投稿の続きを読む »

今私が読んでいる本の一節を紹介します。

「コロラド大学のロバート・エムディによると、

「社会でのルールを守れる人と守れない人(非行に走るかどうか)」のちがいは、乳幼児期の育て方に要因があるそうです。自分で動けるようになった生後6カ月以降、こわいことに出合うと、不安を感じてママやパパを見るようになります。そこで、親がどのように対応したかで、10代の育ち方がちがうというのです。

「見て見て光線」にどう親がどう応えるかは、その後の子どもの成長にも大きく影響するのですね。 

だからこそ、子どもの「見てて!」に親は、「あなたのことを、気にかけているよ」「わかってるよ」「大好きだよ」と伝えていくことが大事です。」(『0歳から6歳までの 叱るより聞くでうまくいく 子どもの心のコーチング (中経出版)』(和久田 ミカ 著)より)...

この投稿の続きを読む »

今私が読んでいる本の一節を紹介します。

「一方、「共感ばかりしていると、『いいこと』と『悪いこと』の区別がつかなくなるのでは?」と心配されるママもいます。  いえいえ、心配無用です。「共感」とは、なんでもかんでも「YES」と言うわけではありません。

子どもの中にある「思い」には寄り添いますが、行動に関してはきちんと叱っていくことは必要ですよね。  つまり、叱るときには、「思い」には「YES」でも、その行動には「NO」というスタンスで伝えていくのです。 

たとえば、子どもが、「おやつを食べたい」とぐずったとします。  そのとき、「おなかが空いたのね。(本当は我慢してほしいけど……)食べていいわよ」というのは、「思い」にも「行動」にも「YES」。これはNGです。これでは本当に「いいこと」と「悪いこと」の区別がつかないままになってしまいます。  ベストな対応は、「おなかが空いたのね。ごめんね、今からご飯だからあげられないの」。これなら、「思い」には「YES」ですが、行動には「NO」ですよね。」(『0歳から6歳までの 叱るより聞くでうまくいく 子どもの心のコーチング (中経出版)』(和久田 ミカ 著)より)...

この投稿の続きを読む »

今私が読んでいる本の一節を紹介します。

「わが子を怒ってしまうのは、じつは子どもの懐の深さに甘えているからです。 

同じことをしていても、近所のお子さんだと怒りはわかないけれど、自分の子どもだと怒ってしまうってことがありますよね。それは、「怒り」が、安心で安全な場だからこそわいてくる感情だからです。近所のお子さんを怒ったら、場合によっては、親同士のトラブルになりかねませんから。 

一方、わが子は、こちらが怒っても、ひどいことをしても、ずっと大好きでいてくれます。何をしても、何を言っても、最後は許してくれます。子どもはいつも、無条件の愛でママを包んでくれるのです。  ...

この投稿の続きを読む »

今私が読んでいる本の一節を紹介します。

「「怒ると叱るって、何がちがうんですか?」  よくいただくご質問です。目的がちがいます。  怒るときは、たいてい自分のためです。 ◎子どもを感情のはけ口にして、すっきりする ◎子どもを思い通りにコントロールして、安心する ◎うまくいかない原因を子どものせいにする

  叱るときは、子どものためです。 ◎子どもが社会で気持ちよく生きていけるための「ルール」を教える ◎子どもの成長を願って、大切なことを伝える ◎子どもに、自分で考える力をつけてもらうために質問して、考えさせる 

子どもをたくましく伸ばしていきたいと思うのなら、ガミガミと「怒る」のではなく、毅然とした態度で「叱る」ことです。」(『0歳から6歳までの 叱るより聞くでうまくいく 子どもの心のコーチング (中経出版)』(和久田 ミカ 著)より)...

この投稿の続きを読む »