WASEDA UNITED BLOG

意外と知らない?? 知っておくべきJリーガーの契約の話
WISE

 

 

今回記述していく内容はJリーガーの契約の規則について

JFAが策定をしている契約に関する規則を元に要約を交えて解説していく

プロサッカー選手という職業に対してどう向き合うべきかを様々な角度から考えてもらう機会にしてもらいたい

 

Jリーガーの契約規則①契約制度

 

JFA策定「プロサッカー選手の契約、登録及び移籍に関する規則」より原文引用

 

1.プロ契約制度
1-1 対象
本協会に登録するすべての選手を対象とする。
1-2 プロ選手
① 本規則においてプロ選手とは、その所属クラブとの書面による契約を有しており、当該選手の
サッカー活動の対価として当該選手が被る費用を実質的に上回る支払いを受ける者をいう。
② プロ選手は、次の各号の事項を遵守しなければならない。
(1) 満16歳以上で、かつ、本協会の加盟チームに所属し、本協会の認定を受けていること
(2) 本協会及び選手の所属するクラブの加盟するリーグ又は連盟等の統括組織(以下総称して
「加盟リーグ等」という)が自らのために広告・宣伝活動を行う場合は、原則として無償で
協力すること
(3) 国内・国外を問わず、本協会主催以外の試合に出場する場合は、事前に本協会の承認を得る
こと
(4) 競技会の会場においては、本協会又は「加盟リーグ等」の承認なくしては、いかなる広告・
宣伝活動も行わないこと
③ 契約の最長期間は5年間とする。ただし、18歳未満の選手は最長3年間とする。
④ 契約の最短期間は、原則として、当該契約の効力発生日からシーズン終了時までとする。
⑤ 契約の効力は、医学上の検査が良好であること、又は、査証等選手の就業に関する行政による
認可の可否を条件としてはならない。
⑥ プロ選手は、同一期間について二つ以上の契約を締結してはならない。
⑦ いかなるチームも、その契約の相手方又は第三者に対して、選手の役務提供もしくは移籍に関
連する事項又はチームの独立性、方針もしくは運営に関連する事項に影響を及ぼす力を付与す
る条項を含む契約を締結してはならない。
⑧プロ契約を締結した選手は原則として登録しなければならない。

 

 

 

 

 

ここで知っておきたいことの要約

 

16歳にならないとプロサッカー選手にはなれない

日本サッカー協会加盟のチームに所属し認定を受けていること

契約期間は最長で5年間

18歳未満の選手は最長3年間

最短期間は契約の効力発生日からシーズン終了まで

 

 

 

 

 

Jリーガーの契約規則②契約の種類

 

JFA策定「プロサッカー選手の契約、登録及び移籍に関する規則」より原文引用

 

1-3 プロA契約・プロB契約 ([別紙]表-1 参照) ① 契約締結条件 次のいずれかを満たすことをプロA契約及びプロB契約の締結条件とする。 (1) 試合出場 ◆ J1 : 450分 ◆ J2 : 900分 ◆ J3・JFL:1,350分 この場合において、試合出場時間は公式記録によるものとする。ただし、出場時間が1分未 満の場合は、1分としてカウントする。

(中略)

④ プロA契約の報酬 (1) プロA契約の基本報酬は年額460万円以上とする。原則としてその他の制限はないが、初 めてプロA契約を締結する場合に限り、その基本報酬は年額670万円を超えてはならず、 変動報酬は本制度の主旨を逸脱しない範囲で設定しなければならない。年度(2-1⑤に定 めるもの。以下「年度」という)途中でプロA契約に変更した場合には、当該年度の残存期 間における契約が年額670万円の制限対象となる。なお、以下本規則における金額の表示 については、別段の定めがない限り、全て消費税を除くものとする。 (2) プロC契約締結時にプロA契約2年目以降の報酬について約束してはならない。 ⑤ プロB契約の報酬 (1) プロB契約の基本報酬は年額460万円を超えてはならない。 (2) プロB契約においては変動報酬は自由に設定できる。ただし、出場プレミアムを設定する場 合は1試合あたり47,620円以下とする。

1-4 プロC契約 ([別紙]表-1及び図-1 参照) ① プロC契約の締結 1-3①の試合出場時間を満たしていないアマチュア選手又は社員選手がプロ契約を締結す る場合、必ずプロC契約を締結しなければならない。 ② 契約可能期間 111 (1) プロC契約を締結できる期間は、アマチュア選手又は社員選手が初めてプロC契約を締結し てから3年間とする。3年を経過した後に引き続きプロ契約を締結する場合は、プロA契約 又はプロB契約を締結しなければならない。 (2) プロC選手が契約3年未満で他のクラブへ移籍する場合、それまでのプロC契約経過年月日 は移籍後も引き継がれるものとする。 ③ プロC契約の報酬 (1) プロC契約の基本報酬は年額460万円を超えてはならない。 (2) プロC契約においては変動報酬は出場プレミアム及び勝利プレミアムに限り設定すること ができる。ただし、出場プレミアムは1試合あたり47,620円以下とし、勝利プレミア ムはクラブにおけるプロA契約の勝利プレミアムの最低金額を上回ってはならず、本制度の 主旨を逸脱するものであってはならない。

 

 

 

ここで知っておきたいことの要約

 

契約にはプロA、プロB、プロCの3種類がある

 

プロA契約選手について

対象となる公式戦において規定の出場時間を満たしていることが条件

報酬は年額460万円以上だが初めてのA契約時は年額670万円を超えてはならない

 

プロB契約選手について

条件はA契約と同じ

報酬は年額460万円を超えてはならない

プロAとプロBの差

クラブが保有できる人数に限りがある

プロAは25人まで

プロBは制限なし

 

プロC契約選手について

規定の出場時間を満たしていない場合は必ずC契約

C契約の期間は3年間のみで4年目以降プロ契約する場合はAまたはB契約のみ

報酬は年額460万円を超えてはならない

クラブの保有人数に制限なし

 

 

 

 

 

Jリーガーの契約規則③外国人選手の契約規則

 

外国籍選手について

プロ契約締結選手は3名まで登録可能

以下に例外選手が設けられているがいずれも総数は5名まで

C契約かつ20歳未満の選手

アジアサッカー連盟加盟国の国籍保有選手

Jリーグが別途定める国の国籍保有選手

 

 

 

 

 

Jリーガーの契約規則④支度金(契約金)

 

JFA策定「プロサッカー選手の契約、登録及び移籍に関する規則」より原文引用

 

支度金
380~500万円(条件により変動)
① 支給時期 (1) 初めてプロ契約選手として、統一契約を締結するとき。 (2) プロ契約選手として移籍するとき。ただし、支度金に該当する費用が伴う場合のみ。 ② 支払対象区分 (1) 独身者 (2) 妻帯者(配偶者のみ) (3) 妻帯者でかつ同居の扶養家族がいる場合 ③ 支度金該当費目 (1) 住居費 (2) 家具等 (3) 子供用品等 (4) 自動車 ④ その他 クラブは、選手に対し、引越し費用及び引越しに関わる交通費、宿泊費の実費を支給すること ができる。

 

 

Jリーグ選手にはプロ野球選手のような契約金制度はない

支度金が実質契約金にあたるが金額は規定により定められている

クラブに支払いの義務はないが選手を獲得するにあたっては通例となっている

 

 

 

 

 

おわりに

 

ただひとくくりにJリーガーといっても様々な契約があることを知ってもらえただろうか?

全てのJリーガーが誰もが憧れる華やかな選手たちとは限らない。

厳しい競争、怪我や年齢との戦いもある

一家の大黒柱として家族を養う責任を全うし、かつ引退後の人生においても自立をして社会で生き抜いていく。

新しいこれからの時代にサッカー選手に求められる姿はJリーガーであっても、どんな試練が来ても(怪我、病、引退、解雇…)変幻自在に自らを適応させて生きる。そんな姿だろう。

そのために今からすべきことは山ほどある。

 

 

【筆者プロフィール】
岸本隆介
早稲田ユナイテッドU-15監督・文武両道キャリアアドバイザー
青年期までJリーグ下部組織でプレーを続け高校サッカー選手権にも出場。
立命館大学へ進学後、サッカー指導を本格的に学ぶためJapanサッカーカレッジへ。
現在は早稲田ユナイテッドU-15監督として、学業とサッカーの両立を文武両道キャリアアドバイザーという立場から指導

【編集者プロフィール】
岩崎勇一郎
早稲田ユナイテッド代表
文武両道・グローバル教育型のプロサッカークラブを目指す早稲田ユナイテッドの代表を担う。トップアスリートのデュアルキャリアやセカンドキャリアの整備を進め、スポーツ人生と仕事(社会貢献)が両立する世界を目指す