WASEDA UNITED BLOG

“勉強した気になっている選手”と”勉強している選手”
岩崎 勇一郎

勉強しても中間・期末の点数が上がらない。

中学生になると毎月のように誰かしらが中間・期末テストのサイクルに入ります。

今日は「やれば出来る!」と思われるU-15選手の勉強方法をチェックしてみました。

教科書、ノート、ワーク。
きちんと書き込みされています。

中学生あるある、人物写真の顔への落書きは面白かったのですが反応せずスルー。

分かったことが、

「それは勉強している気になっているだけかもね…」

ということで、勉強への取り組む姿勢がそもそも違うなと。

 
勉強時間を割いてるのに点数が上がらない人の特徴は、

じっくり覚えようとする努力

極端に言えば”見ているだけ”

これを繰り返してしまう。

 
だけど、点数取れる人というのは

覚えられていないことを確認する努力

おそらく、こちらに比重を置いて繰り返すのではと思っています。

“見る × 確認する × 整理する” というような情報整理に繋げる作業です。

なので、後者のコツを教えました。

 
要するに、

無理矢理に詰め込まなくても人は勝手に覚えるのです

これで学期末の成績が上がればもう塾に通う必要は無くなります。

あとは自学で何とでもなる。

学期末テストが楽しみ。

 
時間は貴重なので、サッカーも勉強も

無駄な動作

は極力無くしていきましょう。