WASEDA UNITED BLOG

「仕事としてのサッカー」と「人生としてのサッカー」について
岩崎 勇一郎

 

真剣にプロを目指すU-15選手のための「思考を深める授業」

今回のテーマは、

「仕事としてのサッカー」と「人生・趣味としてのサッカー」でいったい何が変わってくるのだろう?

という議題を投げかけてみました。

先ずは経済の基本的な原理原則として、

「例えば、○○の職業の人が、▲▲を渡すことで報酬をもらうということは、どんな価値の交換が行われていると思う?」

というように、身近なケースから等価交換について考えてみる。

そこからの本題。

「仕事としてサッカーをプレーする人と、趣味でサッカーをプレーする人の境目は何だろう?」

続いて、

「その境目を超える準備は今できているかな?」

というように、彼の目標から出来るだけ現実の立ち位置に意識を近付けてみる。

彼が意識したくないこともあったかもしれないが、仕事である以上は様々な側面があるのは間違いない。

そこから得られる気付きが1つでもあれば尚良し。

先ずは社会の原理原則を”知ること”からのスタートです。

“仕事” て “働く” てどういうことだろう?