WASEDA UNITED BLOG

怒ると叱るの違いを説明できますか?
岩崎 勇一郎

 

今私が読んでいる本の一節を紹介します。

「「怒ると叱るって、何がちがうんですか?」  よくいただくご質問です。目的がちがいます。  怒るときは、たいてい自分のためです。 ◎子どもを感情のはけ口にして、すっきりする ◎子どもを思い通りにコントロールして、安心する ◎うまくいかない原因を子どものせいにする

  叱るときは、子どものためです。 ◎子どもが社会で気持ちよく生きていけるための「ルール」を教える ◎子どもの成長を願って、大切なことを伝える ◎子どもに、自分で考える力をつけてもらうために質問して、考えさせる 

子どもをたくましく伸ばしていきたいと思うのなら、ガミガミと「怒る」のではなく、毅然とした態度で「叱る」ことです。」(『0歳から6歳までの 叱るより聞くでうまくいく 子どもの心のコーチング (中経出版)』(和久田 ミカ 著)より)