WASEDA UNITED BLOG

【書評連載】 『田母神流ブレない生き方』 第1回 ~厳しい父親の存在~
WISE


 

★★★ おすすめ関連記事! ★★★ 「小さい頃から自分の頭で考える習慣を」  ←こちらもチェック!


田母神流ブレない生き方  田母神流ブレない生き方

  

  著者: 田母神俊雄

  出版社: 主婦と生活社 (2009/7/1)

  ページ数: 111 ページ

  フォーマット: Kindle版


「強い人間に育ってほしい」

子をもつ親ならば誰しもこう願うのではないでしょうか。(男の子はとくに)

強さの定義は人それぞれ違うと思いますが、もし「責任感」や「向上心」、「正義感」という心の強さに頷けるものがあるならば、本書から多くのヒントを得ることができるはずです。著者・田母神俊雄氏の正論を貫き続ける強さの源泉が本書の『第一章 ―子どもの教育は「強制」からはじめろ!―』からいくつも読み取れます。

その一つは「厳しい父親」です。

※田母神俊雄氏について、もしご存知ない方は調べてみてください。Youtubeなどネットメディアでも同氏の講演が多数公開されています。

 

私にとって、父親は絶対的な存在だった

著者の幼少・青年期における父親とのエピソードをいくつか抜粋してみます。

農協に勤めていた父親は、真面目でとても厳しい人だった。学校で先生に怒られたことを愚痴ろうものなら、理由も聞かずに「先生に怒られるのはお前が悪いからだ」と、もう一度ゲンコツで殴られる、という具合だ。

父親に言われたことは絶対であり、そこには理由も、基準もなかった。当時は、すぐに殴るから怖いとも思っていたが、今はその絶対的な存在のありがたみを感じている。

一年生の冬休みに帰省した際、父親に「防大を辞めようかな。もう一度、他の大学を受け直そうかな」と愚痴をこぼしてしまったことがある。しかし父親の返事は、小学校時代、先生に怒られたときと同じである。「バカ者!」と一括されただけで、有無を言わせず学生舎に戻らされることになった。

今の自分があるのも、防衛大学から数えて四十一年間、自衛官として国のために従事できたのも、結局は父親のブレない姿勢のおかげだったのである。

(以上抜粋)

 

失われつつある「父親の威厳」

今や家庭内で「父親の威厳」という言葉は死語になりつつあります。地域社会で世代間の交流もとくに都会では希薄になっています。

このような中、子どもの周りから厳しく真剣に、ときには手を上げて叱ってくれる大人が少なくなっているのではないでしょうか。「子どもの自主性を重んじる」という流行りの言葉はもっともらしく聞こえは美しいですが、子どもは基本的に自分中心です。ダメなものはダメだと叱らなければ、自由とわがままをはき違えて育ってしまうのでは・・・。人に迷惑をかける言動も自由や自主性のもと、何とも思わなくなってしまうのでは・・・。

誰かがこれを強制的に正してあげなければなりません。そしてやはり子どもは子どもです。言う通りにしなければと思う大人は、子どもにとって身近だけれども凄い存在、逞しい存在、そしてときに怖い存在でなければなりません。それが父親なんだと思います。

「あの人は怖い、でもあの人は凄い」と、父親をこう思っている子どもは父親から叱られること、つまり間違ったことはしないように努力するでしょう。凄いと思っている人、しかも怖い人から叱られるのは嫌ですから。

しかし一方で、「あの人は怖くない、あんまり会わないし」と、父親をこう思っている子どもは何かをするとき、父親の顔が頭を過ぎることはないでしょう。

さらに言えば、「あの人だってやってるじゃないか」と、父親に言行一致の矛盾があると尚更子どもにとって父親の威厳は低くなってしまいます。

ルールあっての自由。「強さ」あっての自主性。この社会の常識を、恐怖をもって叩き込むのは父親の役割の一つと感じます。

60代半ばにさしかかった田母神氏が強い人間を育てるポイントの一つとして真っ先に強調している「厳しい父親」の存在は、一見古臭く感じるものの現代の子育てにおける盲点なのではないでしょうか。

本書は子育てや教育用の本ではありません。ジャンルとしては「社会論」や「自己啓発」に該当します。しかし、読み進めていく中で家庭教育において我が子の内面的な強さを鍛えるヒントがたくさん書かれていることに気づき取り上げました。次回も引き続き「厳しい父親」に焦点を当てつつ、幼少期や青年期に「強さ」のベースを築くためのヒントを本書から探していきたいと思います。(第2回へ続く

Blank

 最後にひと言

「強さ」は「厳しい父親」から。

 

評・WISE編集部

Blank

 【書評連載】 『田母神流ブレない生き方』より ~厳しい父親の存在~

– 1/3 –

 


Fatal error: Uncaught exception 'Exception' with message 'DateTimeZone::__construct(): Unknown or bad timezone (+09:00)' in /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php:88 Stack trace: #0 /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php(88): DateTimeZone->__construct('+09:00') #1 /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php(53): WordPressPopularPosts\Query->build_query() #2 /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Front/Front.php(424): WordPressPopularPosts\Query->__construct(Array) #3 [internal function]: WordPressPopularPosts\Front\Front->wpp_shortcode(Array, '', 'wpp') #4 /home/kir018409/public_html/blog/wp-includes/shortcodes.php(325): call_user_func(Array, Array, '', 'wpp') #5 [internal function]: do_shortcode_tag(Array) #6 /home/kir018409/public_html/blog/wp-includes/shortcodes.php(199): preg_replace_callback('/\\[(\\[?)(wpp)(?...', 'do_shortcode_ta in /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php on line 88