WASEDA UNITED BLOG

サッカーにも通じる、真の学力とは何か。
広報


 

こんにちは、サカモです。

雨も止んで、いい天気になってきましたね。東京の最高気温は25度との予報も。ただ、私かなり強力な雨男なので気が抜けません。スクール中に雨が降りませんように…。

さて、前回のエントリーでは『選択肢が常に与えられ、根気で身に付いてしまう学力の問題点』について話しました。

この問題点は選択肢が与えられなくなった瞬間に、子どもたちが思考停止に陥ってしまうことです。今までは4つの中から答えを探していたのに、いきなり選ぶ選択肢がなくなり、路頭に迷ってしまうのです。
では、こうならないためにどうしたらいいのか。私なりの一つの回答は、

「回答者ではなく、出題者の立場に立つ(立ってみる)」

です。

IMG_4230

“生徒”、“学生”でいるうちは、ほとんど回答者に回るケースが多いです。ただ、回答者は常に出題者からの設問がないと反応できません。常に受け身の状態。

しかし、サッカーや人生において誰かの出題を待っていては、置いていかれたり、騙されたりすることにもなりかねません。なので、回答者でありながらも、出題者の立場に立って、先生なら教科書のこの範囲の試験を作るんだったら、どこを問題にして、どういう引っかけを作るかな?と考えてみれば良いのです。

そうすると、少し見える世界が変わります。
今まで受け身だったものが、自分主体の取り組みに変わり、

『あ、ここポイントだな』

『ここって何度も出てくるから、問題にし易そうだな』

『あの主語がここでheに言い換えられてるから、穴埋め問題になりそう』

なんていう発想が生まれてきます。いきなりここまで行くのは難しいので、最初は親御さんや友達が生徒役になって、口頭で出題者役をやってみると良いと思います。

意外と回答者よりも、出題者が内容をしっかり理解していないと問題を作れないことにも気づくはず。

これはサッカーにも共通すると思います。誰かのパスや、相手の仕掛けを待っているより、仲間や相手の心理を先読みして、より深く理解して一見合わせているようでも、自分主体で動ける瞬間があるはず。(ではないかと密かに考えています)

少し短めですが、今日はここまで。それでは、雨が降らないことを祈りつつ、TOCに行ってきます。

dance
 ※先生が生徒より真剣にダンスに取り組む。ちょっと前に放映されていた私の好きなCMの一コマ。

【 サカモ 】坂本 亮太(さかもと りょうた、1986年2月20日生)04年東京都立三鷹高学校卒業、08年早稲田大学スポーツ科学部スポーツ医科学科卒業。大学在学時は早稲田大学ア式蹴球部(サッカー部)に所属、主務と選手を兼任。大学卒業後08年4月より現役高校生を対象とした予備校に2年間勤務した後、10年より広告代理店に転職し、3年の勤務後、2013年7月より株式会社早稲田ユナイテッドに勤務。現在は、ワセダクラブサッカースクールでコーチ、早稲田ユナイテッドTOCでアシスタントコーチを務め、早稲田ユナイテッドトップチームで自身も現役としてプレー。日本サッカー協会公認C級コーチ、日本サッカー協会公認4級審判員。


Fatal error: Uncaught exception 'Exception' with message 'DateTimeZone::__construct(): Unknown or bad timezone (+09:00)' in /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php:88 Stack trace: #0 /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php(88): DateTimeZone->__construct('+09:00') #1 /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php(53): WordPressPopularPosts\Query->build_query() #2 /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Front/Front.php(424): WordPressPopularPosts\Query->__construct(Array) #3 [internal function]: WordPressPopularPosts\Front\Front->wpp_shortcode(Array, '', 'wpp') #4 /home/kir018409/public_html/blog/wp-includes/shortcodes.php(325): call_user_func(Array, Array, '', 'wpp') #5 [internal function]: do_shortcode_tag(Array) #6 /home/kir018409/public_html/blog/wp-includes/shortcodes.php(199): preg_replace_callback('/\\[(\\[?)(wpp)(?...', 'do_shortcode_ta in /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php on line 88