WASEDA UNITED BLOG

TOC出身・天野悠貴選手が日本代表に選出!
広報

4月5日(土)に横浜市で行われた14歳以下の男子中学生を対象とした5対5のミニゲーム形式の大会「adidas UEFA YOUNG CHAMPIONS 2014」で準優勝に輝いたFC東京U-15むさしから、TOC出身の天野悠貴選手が日本代表選手に選出されました。

amano

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6名で構成される日本代表は、既に関西、九州から各2名ずつが選出され、5日開催の関東大会が最終選考。

決勝でラルゴFCに0−4とチームは破れたものの、選考を担当した元日本代表の名波氏に「準々決勝から決勝まで見た選手の中で、一番バランスを考えてプレーしていた」と高評価を得て、堂々の選出。

各エリアから選抜されたメンバー構成を考慮して「普段、お互いを知らない選手同士がヨーロッパに行くということで、バランサーが必要かなと思った。上背はないけど、軸がしっかりしている。ボールをはたいて動き出したり、守備では一番危険なエリアに顔を出すということを黙々とやっていた」と、プレーへの評価も具体的。

本人も「みんなディフェンスでとにかく突っ込むことが多かったので、バランスを見てチームをコントロールしていこうと思った」と、名波氏の評価につながったプレーを意識していたことを示唆。「その意識もあったし、FC東京の代表としても行きたかった。緊張もあると思うけど、自信はあります」大会への意欲も十分。

小学校時代は所属チームを持たず、TOCのトレーニングと自主的な練習で力をつけていった、天野選手。当時のプレーを今矢コーチに振り返ってもらっても、「テクニックの上手い選手は他にもいたけど、パワー、スピード、判断、どれをとっても小学生レベルを越えていた、本当にバランスのとれた選手。早稲田ユナイテッドのトップチームに入っても遜色ないかもしれない。」と絶賛。

今後は、5月20~26日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝の舞台となるポルトガルのリスボンで開催される「adidas UEFA YOUNG CHAMPIONS 2014」に元日本代表DFの宮本恒靖監督に率いられ出場。

ポルトガル、ブラジル、アメリカのU-14選抜チームと世界一を懸けて対戦し、大会期間中には、欧州CL決勝の観戦やポルトガルの名門・ベンフィカコーチによるトレーニングセッション、アディダスグローバル契約選手との懇親会にも参加予定。

“TOCから世界へ” 天野選手の今後の活躍にもご注目ください。

TOC-nomal