WASEDA UNITED BLOG

【書評連載】 『第3の教育』 第1回 ~ポスト偏差値教育~
WISE


 

第3の教育  第3の教育

  

  著者: 炭谷俊樹

  出版社: PHP研究所 (2013/5/10)

  ページ数: 130 ページ

  フォーマット: Kindle版


★★★ おすすめ関連記事! ★★★ 「小さい頃から自分の頭で考える習慣を」  ←こちらもチェック!

偏差値教育から探求型教育へ

詰め込み教育への疑問やゆとり教育への批判など様々な話題が飛び交う昨今、我が子を周りと同じように受験教育に放り込んでいいものか・・・。かといって、子どもの好きなように自由にさせるのも違う・・・。受験以外にも勉強の意義を見出させてくれ、目標に向かって子どもが主体的に勉強していけるような方法や環境があれば・・・。

本書はこのような「?」に対し、前向きなヒントを与えてくれる一冊です。

著者は大枠として、国が決めたカリキュラムの下大人が子どもを管理し、知識を与えて○×で評価する従来の教育を「第1の教育」、それとは逆に大人は子どもに関与せず、ひたすら子どもの自由に任せるフリースクールのような教育を「第2の教育」、そのどちらでもない教育を「第3の教育」と述べています。

では、その「第3の教育」とはどういうものなのか。

著者は、幼児・小学生・中学生を対象とした学校「ラーンネット・グローバルスクール(LGS)」の創立者であり、まさに「第3の教育」を教育現場で実践し続けている方です。

 

第3の教育は出る杭を打たない

自分自身が何かを作り出す。自分自身が価値観とか哲学を持って、自分はこういうことを学びたいから、こういうカリキュラムでやりたい。あるいは、自分自身が社会参画することで社会は変えられると思える生き方ができる人を育てる、そういう教育を私は第3の教育と呼んでいます。(引用)

目標は外や上から与えられ、人よりも良い学校や会社を目指す「偏差値型教育」とは対称的に、自分の目標や生き方は自分で決め、自分はどれだけ人や社会に貢献できたのかという社会的価値を重視して生きる人間を目指す「探求型教育」。これがイコール「第3の教育」ということです。

著者は、「探求型教育」を実践するための必要条件として、

①出る杭は伸ばす

②主体的に学ぶ

③本物から学ぶ

という3つの環境を挙げています。

従来の偏差値教育では、一定の決められたカリキュラムが存在し、そこから逸脱しようとする子、つまり出る杭は打たれます。また、どうしても受身の姿勢で学ぶことが習慣化されてしまいます。そして、教科書やテレビなどから得られる知識には限界があり、リアリティに欠けます。子どもが心から学びたいと思う好奇心や探究心を最優先にすれば、これらはその気持ちを押さえつけてしまいます。

子どもの「これをやりたい」を大切にし、実際にやらせ、それを大人が手とり足取り手伝うのではなく、側で見守り応援してあげる。そして、その結果作り上げたものが「誰の役に立ったのか」「誰に喜んでもらったのか」、外に出てそこまで実体験させる。さらに、その中で出てきた新たな問題を「どうしたら解決できるのか」、自分や自分たちで考え、より良いものを作り上げようとさせる。まさに、上記①~③が具現化された探求型の学習といえます。

これを実践しているLGSはフルスクールなので、当然「日本語」(国語)、「算数/数学」、「英語」といった一般科目はあります。「探求型学習」をこれらと並行して取り入れているということです。

本書では、前半部分において、「なぜこのような教育の必要性を感じ、実際に学校を作る決意をしたのか」という背景について著者自身の興味深いエピソードが述べられていますので、次回はこの点について書きます。「第3の教育」=「探求型教育」について、もっと理解が深まり、興味・共感が湧いてくるのではと思います。(第2回へ続く)

Blank
最後にひと言

子どもの「これをやりたい!」は、とことんやらせ、大人は「ナビ役」、「簡単に諦めさせない役」に徹すべし。

評・WISE編集部

 

[youtube]http://youtu.be/VO1AYWYO2e8[/youtube]

 Blank

【連載】 『第3の教育』より ~ポスト偏差値教育~

– 1/4 –




Fatal error: Uncaught exception 'Exception' with message 'DateTimeZone::__construct(): Unknown or bad timezone (+09:00)' in /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php:88 Stack trace: #0 /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php(88): DateTimeZone->__construct('+09:00') #1 /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php(53): WordPressPopularPosts\Query->build_query() #2 /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Front/Front.php(424): WordPressPopularPosts\Query->__construct(Array) #3 [internal function]: WordPressPopularPosts\Front\Front->wpp_shortcode(Array, '', 'wpp') #4 /home/kir018409/public_html/blog/wp-includes/shortcodes.php(325): call_user_func(Array, Array, '', 'wpp') #5 [internal function]: do_shortcode_tag(Array) #6 /home/kir018409/public_html/blog/wp-includes/shortcodes.php(199): preg_replace_callback('/\\[(\\[?)(wpp)(?...', 'do_shortcode_ta in /home/kir018409/public_html/blog/wp-content/plugins/wordpress-popular-posts/src/Query.php on line 88