WASEDA UNITED BLOG

幼児体育【早期教育はインプット】
スクール事務局(office)

 

【早期教育はインプットが大切】

早期教育とは、基本的にインプット(脳を使う)です!

脳にインプットすることで脳細胞(ニューロン)は成長します。
アウトプット(情報を使う)はその次です。

いつやればいいの??

『今でしょ?!』なんですが、
周りとは比べずに、あせらずにゆっくり行ってください。

どんな刺激を多く与えればいい?

それは、子供が楽しくて身体を動かしたくなっちゃう刺激です。
例えば、ボールを渡して『投げてみて』と言っても、刺激されません。

しかし、ボールを投げたら何かが倒れたり、音が鳴ったり、幼児の心をくすぐる要素が入っていたらどうでしょう。子供自身が楽しんで、興味をもったら、脳が刺激し大脳の発達に役立ちます。的あてやトンネルをくぐらせるなどは効果的でしょう。

幼児によって興味や関心はさまざまです。

『早稲田体育』では、幼児一人ひとりが興味をもって、身体を動かせるように、保護者の方からヒアリングしたり幼児に色んなしかけをして、子供の大脳を上手に発達させていきます。

参考HP)ガラガラガラ.com
参考URL)http://garagaragara.com/mom/sansai/three2.html

 

20140308-161137.jpg20140308-161253.jpg