WASEDA UNITED BLOG

2012 東京社会人1部リーグ vs 青梅FC ~MVPは松井亮大~
岩崎 勇一郎


 

早稲田の攻撃的サッカーで首位の青梅を粉砕!

2012 東京社会人1部リーグ vs 青梅FC
(東京1部) 6-0 (2-0, 4-0) → 順位表試合日程
【得点】松井(中島)、中島(岩本)、松井、松井(小寺)、松井(久保木)、松井(渡部)
【警告】なし
【累積警告】
2枚:三代、松井、渡部、土田
1枚:加藤、前田亮、市川、長井、森永、山中、中島、山下暁、小貫、岩本

【スタメン】山下暁、小寺、土田、長井、三代、山中、岩本、菅田、岩崎鉄、中島、松井
【リザーブ】森永、渡部、久保木、霜田、沼田、寺田、篠

【スタッフ】今矢、岩崎、曽田、林
【交代】菅田→沼田、三代→久保木、岩崎鉄→渡部

;


※青梅FC戦の写真一覧はこちら

【戦評】

ハードワークへの確信

昨年のリーグ戦 (1-6完敗でここから3位以内への勢いを消される)今年の東京カップ (前半2-0から後半立て続けに4失点で逆転負け)を経て、この試合では結果的にリベンジできたかもしれないですが、メンバーの中で青梅FCさんに本気で完勝できたと思っている人は実はそんなにいないんじゃないかと思っています。

エース二人 (岩田選手、平松選手)が出場しているベストメンバーの青梅FCを倒さなきゃ、自分も監督も選手達も到底納得は出来ないはず。

だからこそ、残り試合も気を緩めることなく、しっかりと関東大会の出場権を得て、ぜひ関東大会で決着をつけたいですね。

試合内容に目を向けると、
前半は受け身になる時間帯もあり、我慢の時間が続きましたが、その中でもピッチ内でエラーの修正を行おうとする選手達に逞しさを感じました。

自分も経験してみて分かりましたが、試合中に監督が変化を与えられることて本当に少なく、こういった逆境の時ほど尚更ピッチ内の選手に修正を託すしかないと感じます。

だけど、今のユナイテッドには、ピッチ内のコミュニケーション能力や調整力が確実にある。これはシーズン当初に比べたら飛躍的な進歩です。

一方で、全体を通しての印象は、「気持ち」で相手をハメることが出来た試合。

さすがに青梅FCさんも上手かったので、決して、自分達が目指すサッカーで得点差ほどに美しくゲームを支配できていたわけではなく、もう一つの早稲田らしさ「ハードワーク = 戦う気持ち」で勝利を泥臭く引き寄せた形です。

いずれにせよ、早稲田がこの試合で得たのは「ハードワーク (もう一つの早稲田らしさ) への確信」であって、まだ関東大会出場権を得たわけでも、ましてや関東昇格権を得たわけでもありません。

勝負はここから。

どのチームも必死。

関東への道はそんなに甘いものではないはず。

【次節】
東京都社会人1部リーグ vs FC OSSA 9/16(日)14:00~@電通富津

【御礼】
また、この試合には、ワセダクラブのスクール生の方や、ウルトラスワセダの方、早稲田ユナイテッド関係者の方も応援に来て頂き、本当に力をもらえました。ありがとうございました。

いつか東伏見グランドで、ワセダクラブの子供達にも、こういうハードワークサッカーの魅力、全力で戦う美しさを伝えたいですね。


今節の動画ハイライト 【作成者:学生運営部(広報) 海江田保雄


【本日のMVP】
松井亮大

経歴:東海大附第五 → 早稲田大学ア式蹴球部
早稲田ユナイテッドの誇るエースストライカー。

【MVPインタビュー】

いい準備をして試合に臨めたら、結果もついてくると思う

Q MVPおめでとうございます。フエンテ東久留米戦の4得点に続き、青梅FC戦では5得点は圧巻でした。今回の5ゴールの中でのベストゴールは何点目?

A. PKを除いて、どのゴールもみんながいいパスを出してくれたから生まれたゴールでした。個人的には全部ベストな形のゴールだったと思いますけど、強いて言うなら5点目のゆうじのパスから生まれたゴールですかね。角度もなかったので思いっきりファーに振り抜いて入ったので気持ち良かったです。足攣っちゃいましたが 笑

 

Q 初めて試合で足を攣る姿を見ました が、それだけ運動量が増えた試合だったのだと思うけれど、どういった部分でいつもより運動量が増えていたのだと思いますか?

A. 自分でもどこで足が攣るぐらい走ったかわかんないですが、東京カップでリードをひっくりかえされて負けてたので、リードしてても集中を切らすことなくやっていたら、気付いたら足にきてました。

 

Q 次節はリーグ最終戦です。勝てば関東大会出場が決まります。関東大会への出場権を勝ち取るために、どんなプレーを意識していきたいですか?

A. 最終節も、何もやることを変えず、青梅戦のようにチーム全体がいい準備をして試合に臨めたら、結果もついてくると思うので、まずは自分自身でいい準備をして、最終節に臨みたいです。