WASEDA UNITED BLOG

2012 東京社会人1部リーグ vs FC新宿 ~MVPは山中真~
岩崎 勇一郎

 

2012 東京社会人1部リーグ vs FC新宿
(東京1部) 5-1 (1-1, 4-0) → 順位表試合日程
【得点】岩崎鉄(菅田)、松井(渡部)、松井(山中)、岩本(三代)、菅田(岩本)
【警告】岩本、土田
【累積警告】
2枚:三代、松井、渡部、土田
1枚:加藤、前田亮、市川、長井、森永、山中、中島、山下暁、小貫、岩本

【スタメン】山下暁、小寺、土田、長井、森永、山中、岩本、菅田、岩崎鉄、中島、松井
【リザーブ】三代、渡部、寺田、周詞、山下、前田曜、篠

【スタッフ】今矢、岩崎、曽田
【交代】森永→三代、小寺→渡部、松井→寺田

 

【戦評】
炎天下の中、関東大会進出へ向けた貴重な勝ち点3を獲得できました。

相手も条件は同じですが、やはりパスサッカーで戦いたいチームにとって土のグランドは完全なアウェー。
左サイドのナカシなんて、グランドのデコボコに得意のドリブルを封じられていましたね 笑
それでも、前半から早稲田らしいサッカーが披露できていたと思います。

イージーミスから失点するものの、 そこからリズムを崩さずに立て直せるのもチームが成長している証。
これまで、終盤に何度もリズムを崩してきた経験が、彼らを成長させているのでしょうか。
守備には組織的にコントロールされた安心感があります。

後半はさらに安定感が増しました。
ほとんど相手にシュートを打たせることもなく、逆に早稲田のパスサッカーも本領を発揮。
ダイレクトプレー、ワンツー、ドリブル、バイタルエリアへの侵入と非常にテンポの良いサッカーでした。

貴重な勝点3を獲得し、関東大会進出のために重要な得失点差でも一つ頭を抜け出すことができました。

次節は首位の青梅FCさん。
今矢監督にとっての鬼門ですが、ここで勝てないようなら関東大会で勝ち抜くことも難しいでしょう。

東京カップの時とはメンバーも入れ替わり、あの時とは違った早稲田ユナイテッドになっています。
練習試合も含め、今のメンバーで、チームとして学んできたことも沢山ありました。

本当に早稲田が関東に挑戦できる権利があるのか?
今の自分達の実力が測れるという意味でも、最高の試合になると思います。

東京都社会人1部リーグ vs 青梅FC 9/8(土)18:00~@駒沢補助


今節の動画ハイライト 【作成者:学生運営部(広報) 海江田保雄


【本日のMVP】
山中 真

経歴:柏レイソルY → 早稲田大学ア式蹴球部
2011年度の早稲田大学ア式蹴球部キャプテン。クレバー&献身的なプレーで早稲田の中盤をコントロール。

Q1. MVPおめでとうございます。試合全体を通して、献身的なカバーリングや流れを読んで対応する「考えるサッカー」という点が評価されましたが、チームに加わって約4ヶ月、早稲田ユナイテッドのリズムや雰囲気もだいぶ掴めてきましたか?

A. 普段は明るく、サッカーに対しては熱い人が多いので、雰囲気が良くすぐに溶け込めました。チームが目指すサッカーは、僕も好きなプレースタイルなので理解は出来ています。もっとプレー精度を上げてチームに貢献したいです。

Q2. 献身的なプレーの他に、個人的には、バイタルエリアに侵入させる綺麗なクサビや、意外性のあるスルーパスにも魅力を感じますが、高校・大学時代など、これまでは、どういう部分を強みにしながらプレーしてきたのでしょうか?

A.僕には卓越したボールテクニックやゴールセンス、相手を切り裂いていけるようなドリブルの能力はないので、強みと言えるものはありません。ただ、チームがボールを支配してゲームをコントロール出来るように、味方の選手が困らないようにサポートしたり、ボールをスムーズに動かし、少しでも相手が嫌がるところにパスを配給することを意識してプレーしてきました。

Q3. 次節は関東大会進出の掛かる大一番、首位の青梅FCとの一戦です。リーグNo.1の攻撃力を誇る相手から勝点3を奪うために、真から見て、今のチーム・メンバーにとって必要なことは何でしょうか?

A.普段通りサッカーをすることです。緊張したり、ボールを繋ぐことを恐れてしまえば、相手に主導権を渡すことになります。良いポジションバランスでボールを支配し、ゲームをコントロールすること。ボールを失ったらすぐに取り返すこと。これが強力な青梅の攻撃陣を抑えられる方法であり、勝つために必要なことだと思います。