WASEDA UNITED BLOG

2012 東京社会人1部リーグ vs Racing Club de Tokyo ~MVPは沼田 佳輝~
岩崎 勇一郎


 

2012 東京社会人1部リーグ vs Racing Club de Tokyo
(東京1部) 4-2 (3-1,1-1) → 順位表試合日程
【得点】松井(山中 真)、沼田、松井(中島)、岩崎鉄(中島)
【警告】なし
【累積警告】
2枚:三代、松井、渡部
1枚:加藤、前田、市川、長井、森永、山中、中島、山下暁、土田、小貫

【スタメン】山下暁、小寺、土田、深澤、森永、山中、岩本、山下大、沼田、中島、松井
【リザーブ】岩崎鉄、前田亮、前田曜、三代、日高、小貫、渡部
【スタッフ】今矢、岩崎
【交代】深澤→日高、山下→岩崎鉄、松井→前田亮

【戦評】
関東大会出場のためにはもう1つも負けられない戦いが続きます。

今節の相手はラシンさん。
平均年齢は30歳を越えるとも言われており、仕事とサッカーの両立をストイックにこなす社会人サッカーのお手本のようなチームです。
関係者の話によれば、チーム活動をする際には常にメンバー参加率90%を誇るとのこと。
「All for the team」を体言出来る素晴らしい組織です。

早稲田ユナイテッドのメンバーも、こういった「サッカーに対する姿勢」「チームに対する姿勢」は学ぶべき所がまだまだあるなと感じます。

さて、肝心の結果ですが、何とか最低限の勝ち点3を奪え、関東大会への望みを繋いでいます。

連動性のあるサッカーで24本のシュートを放ち、何度も決定機を作り、そして頭を抱えました・・・・・
もう少し決定機を決め切れればもっと楽なゲーム展開だったと思いますが、それでもリーグ戦全試合得点の攻撃力はなかなかのものです。

一方で、 連続無失点が続かない守備にはまだまだ課題が残ります。
失点しながら同時に得点もズドンと奪える力はあるものの、関東大会のようなトーナメントでは失点を抑える安定感が求められます。
練習量の問題なのか、諦めない気持ちの問題なのか、 次節までにはしっかりと修正しておきたいところ。

残り3試合。
今節の勝利により、昨年度のレベル(勝ち点20)に辿り着きました。

自力3以内も復活し、ここからは新たな挑戦です!


今節の動画ハイライト 【作成者:学生運営部(広報) 海江田保雄


【本日のMVP】
沼田 佳輝

Q MVPおめでとうございます。最近はチャンスに絡むプレーが増えているように思いますが、監督からはどういったプレーを意識するように言われていますか?

ありがとうございます。監督からは自分で判断してプレーするように何度も言われていて、自分でもそれが課題だと感じています。相手や味方を過剰に意識し過ぎず、常に自分の持ち味を出せるように心掛けています。

Q 一時期、ドリブルやパスが横に逃げてしまう消極的なプレーをする時期があったように感じたのだけど、今は相手が怖がる縦へ切り込めるようになっている気がします。その辺は、何かメンタルの変化でも??

メンタルの弱さは生まれた時からの課題です。ただ最近はチームに上手な選手が増えたことで、試合に出るためには相手が嫌がるような個性が必要だと強く感じています。練習から上手なプレーを見て学べる機会が増えたので、今後さらに自分のプレーを磨いていきたいです。

Q 関東大会出場のためには9/8の青梅FC戦が山場になると思います。ここからしっかりと勝ち点を重ねるために、チームとして何が必要だと思いますか?

今矢さんもメールで書かれていましたが、一人一人のコンディショニングがとても重要だと思います。平日練習に参加しているメンバーは来ていないメンバーにプレッシャーを与えるつもりで取り組む必要があると思います。