WASEDA UNITED BLOG

2012 東京社会人1部リーグ 第2節 vs CERVEZA FC東京(東京1部)
岩崎 勇一郎

 

2012 東京社会人1部リーグ 第2節 vs CERVEZA FC東京(東京1部)
1-1 (0-0, 1-1) → 順位表試合日程
【得点】菅田(ショーン)
【イエロー】市川、長井
【累積警告】1枚: 加藤、前田、市川、長井

【スタメン】山下暁、沼田、土田、長井、市川、岩崎鉄、三代、山下、中島、吉村、松井
【リザーブ】菅田、前田、ショーン、深澤、村中、森永、篠
【スタッフ】今矢、岩崎、曽田
【交代】山下→菅田、岩崎鉄→ショーン、吉村→前田

【戦評】
更新がだいぶ遅れてしまいましたが・・・・・

試合全体を通じて、監督も言うように、相手のサッカー・時間の流れに合わせてしまったように思います。

一番の差は「共通意識」にあったと思います。
CERVEZAさんは、徹底して「中盤を飛ばして、大きく蹴るサッカーから、フィジカルでセカンドボールを拾う」というシンプルな戦術を徹底していました。

ラグビーのような極端なフィジカル戦の徹底は上のカテゴリーに行けば通用しないケースが多いので、決して早稲田が目指すサッカーではないのですが、自分達の戦術を「徹底」していた強さは早稲田も見習うところがあったと思います。

逆に早稲田は、本来自分達の強みであった「中盤」を見失う時間帯が多かった気がしますし、「徹底して○○のタイミングを合わせる」とか「徹底して○○にボールを当てる」など、まだチーム全体として「共通意識」という部分で足りないところがあるのかもしれません。

ここから2週間はこの「共通認識」を確認し合う時間にできると思うので、次のリーグ戦までには「自分たちの戦術や共通認識(とくに攻撃面)」をもう一段磨き上げてくれることを期待しています!