WASEDA UNITED BLOG

2012 東京カップ1次戦 決勝 vs 青梅FC(東京1部)
岩崎 勇一郎


 

3月11日(日)
2012 東京カップ1次戦 決勝 vs 青梅FC(東京1部) ●2-4 (2-0, 0-4)
【得点】村中(中島)、中島(松井)

【スタメン】山下、沼田、土田、長井、森永、村中、三代、吉村、中島、ショーン、松井
【リザーブ】安斎、日高
【スタッフ】今矢、岩崎、曽田
【交代】長井→安斎

【コメント】
あの昨年の3月11日から一年。
試合前には会場全体で黙祷が捧げられました。
こうして素晴らしい環境でサッカーが出来ることへの感謝も忘れてはいけないこと。

その試合の内容はというと、「経験不足」の一言に尽きるのか・・・・・

怪我人や仕事などでメンバーギリギリの状態で臨んだ1次T決勝戦。

それでも、前半は早稲田らしいシンプルなサッカー。守備もオーガナイズされ、DFラインも安定感がありました。
初出場で、日頃から真面目に練習に参加し続けていた村中の先制点&献身的なプレーも光りました。
中島の2点目も相手へ精神的ダメージを与えられたと思います。

そこからのハーフタイム。
前半の出来に冗談も飛び交う明るいハーフタイム。

練習試合を含め、これまで「負け無し」が続いた2012年。
「この余裕が今年の強さなのか・・・・?」 今日のチーム状況で、この余裕で勝てるのならば本物かもしれない・・・・・・ 

しかし、そんな甘くありませんでした。
相手は昨年度の1部リーグ2位。
その余裕から隙が生まれたのか、後半開始から1対1で崩され、あっという間に1点返され、2点返され。

そこからは、こちらの守備のメンタリティが崩壊していたように感じました。
ビルドアップも急にバタバタし、ゲームをコントロールできない慌しいサッカーになり始めました。
苦しい時、流れが悪くなり掛けた時にチームとして切り替えるスイッチ(=引き出し)がまだ今のチームには無い。

必死でゴールに迫ってくる相手を、受け止める準備は出来ていませんでした。
前半と後半では全く別のチーム。

経験不足。
前半のようなオーガナイズされた守備も新たに身に付いたものの、後半のような状況では対応が出来ませんでした。

だからこそ、逆に新しい課題も見付かったと思います。
「押し込まれる時間帯があった場合、チームとして、ピッチ内で、どう意思統一して耐える&立て直すのか?」
4月から始まるリーグ戦には、その「引き出し」が見れることを期待しています。

また、この試合にはわざわざ千葉までウルトラスワセダさんが応援に駆け付けてくれましたが・・・・
こういった不甲斐ない試合を見せてしまい本当に申し訳なく思います。。
チームに勢いを与えてくれる応援、本当にありがとうございました。

悔しくて下を向いてしまうのも、後ろを振り返ってしまうのも分かるけど、
応援してくれる人達のためにも、強いWASEDAを見せられるように、チームとして前を向いて、この経験を糧にもっと成長していかなきゃいけないです。