WASEDA UNITED BLOG

2010東京都社会人2部リーグ(第12節)
岩崎 勇一郎

 

2010東京都社会人2部リーグ(第12節)

vs F.C.Futures@早稲田大学東伏見サッカーグランド(40分×2本)
5-0 (3-0、2-0) → 順位表
【得点】
阿部、阿部、阿部(沼田)、阿部(門田)、阿部(一政)

【スタメン】

阿部 沼田

森永  山下 門田 金田

小寺 佐藤貴 西村 日高

横山

【交代】金田→吉村、森永→佐藤翔、日高→牧山、沼田→小山、門田→一政
【リザーブ】 吉村、佐藤翔、一政、牧山、坂本、小山、一木
【スタッフ】 今矢、村山、大内、鶴

【コメント】
前節でリーグ優勝を決めた早稲田ユナイテッドですが、最終節も単なる消化試合にすることなく目標を持って臨みました。
それは、「勝点34 & 得失点 +36以上」 という数字でした。

昨年はチャンピオンシップ全国社会人選手権など貴重な経験を積みながらもリーグ戦で苦汁をなめる結果となりました。
その経験を糧に、今年はしっかりと数字でも結果を出す必要がありました。

「(数字で)歴代の2部リーグ優勝チームにも勝つ!
それが、「勝点34 & 得失点+36以上」という最終節の秘かなこだわりでもありました。
2004年以降の2部リーグデータを参照。

最終節にしてようやく実現した早稲田のホーム 東伏見。
日頃からワセダクラブのサッカースクールにも利用されるホームグランドです。
TOC(小学生選抜クラス)の子供たちも日頃から面識のあるコーチ達が出場するということで応援に駆けつけてくれました。

その中で奮闘したのが、ワセダクラブコーチでもあるFW阿部。
前半からグランド中を駆け回り。前線から激しいプレスを掛け続けます。
彼のハードワークが功を奏したのか、前半32分に得たPKから阿部が冷静に決め先制!

その2分後には、門田のミドルシュートをGKがはじいたところを阿部がつめて2点目。
さらにその3分後、沼田のスルーパスをダイレクトにゴールへ流し阿部のハットトリックで3点目!

応援に来てくれていた子供達からは「阿部ちゃん!ダブルハットトリック!」というコール。
ハーフタイムには阿部の熱烈サポーターからポカリの差し入れが・・・・・

エンドが代わった後半も阿部ゴールが続きます。
後半51分には門田のセンタリングをまたしても阿部が決め4点目。
さらに、一政からのスルーパスを冷静に流し込み5点目。


スコアで勝っていても次の得点のために貪欲に自らボールを持ち帰る姿勢。
今日の阿部にはその「早稲田魂」を感じることができました。
この姿勢を子供達(未来の早稲田プレイヤー)に見せられたことが大きい。
ただ、小学3年生くらいだと「何で自分でボール持ち帰ってるの??」と意味は理解していませんでしたが w

ダブルハットトリックも現実に!?と思いましたが、そのままタイムアップ………
最終節は5-0勝利となり、無事に「勝点34 & 得失点+39点」という数字の結果も出すことができました。

1年足踏みしましたが、東京都2部リーグでは刻むべき「足跡(数字)」を刻むことができました。
組織の体制(監督やコーチやスタッフ)を一新し、選手層も厚みを増し、下部組織も発足させ、自分自身も組織全体のマネジメントに集中できる体制を構築し、組織力強化という意味でも大きな進歩を見出すことのできた1年でした。

この 若さ と ハングリーさ を持って、いよいよ来年は東京都1部で WASEDA が大暴れしたいと思います!!

2010東京都社会人2部リーグ WUランキング (第12節終了時点)

【得点ランキング】
8点 小貫
7点 阿部
5点 前田
4点 山下
3点 小寺、金田、森永、沼田
2点 吉村、門田
1点 日高、篠、佐藤翔、坂本

【アシストランキング】
8点 門田
4点 小貫、金田
3点 山下、吉村、小寺、沼田
1点 大成、大成、前田、森永、一政

【出場試合数】
12試合 森永 日高 佐藤貴
10試合 金田 小貫 沼田 西村 山下 門田
9試合 前田 長井 佐藤翔 小寺 吉村翔
8試合 大成 山中
5試合 一政 阿部
4試合 篠 横山
2試合 坂本 牧山
1試合 一木 小山

【無失点時の出場試合数】
7試合 森永 日高 佐藤貴 金田
6試合 沼田 西村 前田 長井 佐藤翔 小寺
5試合 小貫 山下 門田 大成
4試合 吉村翔 山中
3試合 一政 阿部 横山
2試合 篠 坂本
1試合 一木 小山

※この試合はTwitterで実況されていました↓