アカデミー

“海外挑戦”を視野に入れた選手育成クラス

一流になれる選手となれない選手の差は紙一重です。しかし、その差はテクニックだけでは補うことはできません。社会人としての素地はもちろん、多様な価値観を受け入れる人間性、挑戦する心構えを磨く必要があります。

TOCでは、将来海外リーグに挑戦したい夢を持つ子供たちに「トレーニング+英会話」を必須としたバイリンガル教育を行い、世界の舞台で活躍できるトップアスリートを育成します。
さらに、現役生活後のセカンドキャリアを見据えた自己認識教育も実施していきます。

日本テレビの情報エンターテインメント番組『ZIP!』でTOCが紹介されました!

TOCの3つの特長

U-15生受け入れスタート

練習日と諸費用

  • 練習日および授業日

  • 練習場所および授業場所

    アクセスマップ

  • 月謝および年会費

指導者プロフィール

今矢直城 ~Naoki.Imaya~

兵庫生まれ大阪育ち。

親の仕事の関係で10歳からオーストラリア・シドニーで過ごす。現地で日本人初のプロサッカー選手となり、その後はスイスの1部リーグやドイツリーグなどでもプレーをした経歴を持つ。スイス時代には2013-04シーズンUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)AJオセール戦にも出場。

2008年に引退した後は自ら体感した世界での経験を伝えるために英語とサッカーを同時に学べるTOCサッカースクールを主催。2010年からは社会人チーム、早稲田ユナイテッドの監督として東京都2部で優勝して1部に昇格。2014年には関東社会人大会で優勝を果たし、関東リーグ2部に昇格する事になった。

假屋 祐貴 ~Yuki.Kariya~

大阪生まれ大阪育ち。

親の仕事の関係で10歳からアメリカ・ジョージア州で過ごす。現地で現役を引退してからは大学指導者として活動をし、日本人最年少でアメリカ合衆国サッカー連合(USSF)最上級のA級ライセンス(日本のS級ライセンスに該当)を取得(当時23歳)。その3年後、ジョージア・カレッジ州立大学で運動物理学部修士号を取得し、フィジカルコーチとしてもアメリカ大学で活動していた。

より多くの日本人選手に海外で挑戦できる環境を与えたいと思い、2014年に日本に帰国して今矢直城と00アメリカ大学サッカー留学プログラムを立ち上げた。

セレクション案内

セレクション合格者は早稲田ユナイテッドU-12のチーム登録も可能です

セレクション詳細情報

卒業後の主な進路先一覧

FC東京U-15、東京ヴェルディJY、三菱養和SC、横河武蔵野JY、ワセダクラブForza'02、帝京FC、久留米FC、FCプラウド、ヴィヴァイオ船橋SC、飯能ブルーダー、JACPA

前回のオーストラリアキャンプの様子

※ 画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

  • scean01
  • scean02
  • scean03
  • scean04
  • scean05
  • scean06
  • scean07
  • scean08
  • scean09
  • scean10
  • scean11
  • scean12
  • scean13
  • scean14
  • scean15
  • scean16

お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ